back to Home

 

企画編集の仕事


かつては本名の古谷祐司で20年余り平凡社の編集者をしていました。雑誌『太陽』の取材記者・編集記者からスタートし、最後はウェブやDBの開発にも携わりましたが、経験としては書籍の企画編集がもっとも長く、落語、歌舞伎、映画、美術などの芸能・芸術の分野を中心に、コミュニケーション、ボーダーレス文化、歴史などの分野で、計二百数十点の出版物に関わってきました。現在は川添裕の筆名での文筆業と、大学教員が仕事の中心ですが、いくつかの出版社の企画に関わっています。以下に、過去に編集した主な本を紹介します。その後、他社の文庫に入ったものも数多くあり(そうやって価値を認めてくれて本が生き延びていくのは、うれしいことです)、それらも併せてリンク等で紹介しています。
プロフィール  → 最近の活動と予定