back to Home

川添 裕プロフィール


かわぞえ  ゆう
川添  裕 (本名、古谷祐司)

文化史家、日本文化史家。
見世物・歌舞伎・落語、信仰民俗等を中心とする日本文化史、都市文化資源学と、
国際横浜学、接続文化史 (日米英及び東アジア)を専攻。
現在、横浜国立大学教授。日本文藝家協会会員、見世物文化研究所代表。      → 川添へのContact

1956年(昭和31)1月横浜生まれ、横浜在住。
(生糸関連の仕事から転じて明治半ばに中村町で炭商となった祖父の代から横浜)。
鎌倉のイエズス会の中高に学び、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒(国際関係専修)。
1978年4月より出版社の平凡社に勤務し、書籍・雑誌など二百数十点を企画編集。1998年8月に退社独立。
1998年9月より文筆業、見世物文化研究所 (IMC, Japan) 代表。
1999年4月より跡見学園女子大学日本エディタースクールで編集・文章表現や芸能論を教える。
2002年4月より伊勢の神宮門前の皇學館大学教授(2010年3月まで)。
2010年4月より横浜国立大学教授(現職。大学の川添紹介ページ)。

 

[主な仕事]

研究の関心、主な著作 ・最近の活動と予定 ・企画編集の仕事 ・デザインワーク&フォトワーク

国立国会図書館サーチ ・CiNii (論文) (本)  ・Researchmap   ・WorldCat (author) (identity)   ・Amazon.co.jp

『江戸の見世物』(岩波新書)の表紙画像 21K 単著  『見世物探偵が行く』(晶文社)の表紙画像 19K 単著  『江戸の大衆芸能』(青幻舎)の表紙画像 18K 単著  『落語の空間』(岩波書店)の表紙画像 16K 編著より 『日本人は日本をどうみてきたか』(笠間書院)の表紙画像 16K 共著より 『演劇のジャポニスム』(森話社)の表紙画像 16K 共著より

 

2000年以降の講演・社会講座等(学会以外)
世田谷市民大学、板橋グリーンカレッジ、みなと歴史講座、さくらだ学校、えびす大学、めぐろシティカレッジ、恵比寿社会教育館
東京シティガイドクラブ、浅草寺仏教文化講座、江戸東京博物館友の会講座、東京都公園協会、朝日カルチャーセンター
明治大学国際浅草学プロジェクト、明治大学リバティアカデミー、法政大学国際日本学研究所、早稲田大学演劇博物館講座
横浜国立大学公開講座、皇學館大学公開講座、神道博物館講座、みえアカデミックセミナー、三重県高校人権講話、ひこね市民大学
横浜商科大学公開講座、文教大学・横浜異文化表象研究会、富丘経済研究会、三水会・煙洲会、朝日生命ユネスコクラブ
たばこと塩の博物館、太田記念美術館、大田区立郷土博物館、国立民族学博物館友の会、小江戸サミット記念講演  ほか

 

学会・協会活動・公的委員等
藝能史研究會(評議員)、歌舞伎学会、大阪芸能懇話会文化資源学会
演劇研究会、日本近世文学会、国際浮世絵学会、能楽学会、国際サーカス村協会
日本中国文化交流協会、アジア民衆史研究会、AAS(Association for Asian Studies)
ISOC(Internet Society)、日本文藝家協会  ほか

1997年-1998年 次世代電子図書館システムユーザー委員会WG委員(通産省・JIPDEC)
1998年 国立歴史民俗博物館資料監査委員(臨時)
2002年 国立歴史民俗博物館資料評価委員(臨時)
2003年-2004年 三重キャンペーン事業企画提案コンペ選定委員
2009年-2013年 伊勢市史編集専門部会特別執筆委員
2008年-2012年 国立民族学博物館共同研究員
2015年-  国立民族学博物館文化資源共同研究員

 

[見世物文化研究所 Institute of Misemono Cultures, Japan 活動内容]
分野としては広義の「見世物文化」と、横浜関連、日本文化史関連が中心です。

1 研究、資料調査、実地調査
2 原稿執筆
3 講義、講演
4 企画プロデュース、コンサルタント
5 資料およびフィルム・画像データ等の貸し出し  ほか

付帯活動(※ただし、現時点では下記の活動・営業はおこなっておりません)
通訳案内業(1977〜 英語免許 / 名義・古谷祐司。運輸省・神奈川県)
古物営業(1999〜 許可証 / 屋号・見世物文化研究所。神奈川県公安委員会)
各認可事業者