back to Home

川添 裕プロフィール


かわぞえ  ゆう
川添  裕 (本名、古谷祐司)

文化史家、日本文化史家。
見世物・歌舞伎・落語・信仰民俗を中心とする日本文化史と、
国際横浜学、接続文化史 (日米英及び東アジア)、
文化資源学、観光資源学を攻究する。
現在、川添総合研究所(見世物文化研究所)代表、横浜国立大学名誉教授。日本文藝家協会会員。
                         → 川添へのContact  最近の活動と予定
1956年(昭和31) 1月、横浜の弘明寺生まれ。横浜在住。
(祖父は生糸関連の仕事から転じて明治半ばより中村町で炭商、父は南太田で座卓卸商)。
鎌倉市のイエズス会の中高に学び、東京外国語大学外国語学部英米語学科卒 (国際関係専修)。
1978年4月より出版社の平凡社に二十年余勤務し、書籍・雑誌など二百数十点を企画編集。1998年8月に退社独立。
1998年9月より文筆業。見世物文化研究所代表。
1999年4月より跡見学園女子大学、2000年1月より日本エディタースクールで、編集・デジタル技法や芸能論を教える。
2002年4月より伊勢の神宮門前の皇學館大学教授(「芸能史」「メディア論」「日本学」ほか。2010年3月まで)。
2010年4月より横浜国立大学教授(「都市日本文化史講義」「横浜都市文化史演習」「グローバル都市論」ほか)。
大学院都市イノベーション研究院教授、都市科学部長ほかを経て、
2021年4月より横浜国立大学名誉教授、川添総合研究所代表。

 

[主な仕事]
rakugo.com内より:研究の関心、主な著作最近の活動と予定企画編集の仕事デザインワーク&フォトワーク

外部データベースより:国立国会図書館サーチCiNii (論文) (本)ResearchmapWebcatPlusAmazon.co.jp

『江戸の見世物』(岩波新書)の表紙画像 21K 単著 『見世物探偵が行く』(晶文社)の表紙画像 19K 単著 『江戸の大衆芸能』(青幻舎)の表紙画像 18K 単著 『落語の空間』(岩波書店)の表紙画像 16K 編著より 『演劇のジャポニスム』(森話社)の表紙画像 16K 近年の共著より 『大江戸の都市力』(洋泉社)の表紙画像 37K 近年の共著より

2000年以降の講演・社会講座等(学会以外)
世田谷市民大学、板橋グリーンカレッジ、みなと歴史講座、さくらだ学校、恵比寿社会教育館、めぐろシティカレッジ
江戸東京博物館友の会、浅草寺・仏教文化講座、回向院・江戸文化遺産講座、神田明神EDOCCO・江戸東京文化講座
東京シティガイドクラブ、明治大学国際浅草学プロジェクト、明治大学リバティアカデミー、えびす大学、国立劇場伝統芸能講座
法政大学国際日本学研究所、法政大学江戸東京研究センター、早稲田大学演劇博物館講座、大田区立郷土博物館、東京都公園協会
朝日生命Unesco Club、文教大学横浜異文化表象研究会、横浜商科大学公開講座、横浜国立大学公開講座、三水会・煙洲会、富丘経済研究会
皇學館大学公開講座、神道博物館講座、三重県高校人権講話、みえアカデミックセミナー、ひこね市民大学、小江戸サミット
大さん橋マルシェ・クジラトーク、国立民族学博物館友の会、たばこと塩の博物館、日本若者協議会、日本セカンドライフ協会
太田記念美術館、横浜経済人会議、横浜統合型リゾート産業展、横浜イノベーションIRシンポジウム、朝日カルチャーセンターほか

学会・協会活動・公的委員等
藝能史研究會(評議員)、歌舞伎学会、大阪芸能懇話会文化資源学会
演劇研究会、日本近世文学会、国際浮世絵学会、国際サーカス村協会
サーカス学会、ISOC(Internet Society)、日本文藝家協会  ほか

1997年-1998年 次世代電子図書館システムユーザー委員会WG委員(通産省・JIPDEC)
1998年 国立歴史民俗博物館資料監査委員(臨時)
2002年 国立歴史民俗博物館資料評価委員(臨時)
2003年-2004年 三重キャンペーン事業企画提案コンペ選定委員
2009年-2013年 伊勢市史編集専門部会特別執筆委員
2008年-2012年 国立民族学博物館共同研究員
2015年-2017年 横浜市施設指定管理者選定委員
2015年-2017年 国立民族学博物館文化資源共同研究員
2018年- 横浜市施設指定管理者選定委員
2018年- 法政大学江戸東京研究センター客員研究員

 

川添総合研究所 Kawazoe Research Institute, Yokohama Japan

 
オフィスからの横浜港(正面 大さん橋、右 山下公園〜山下ふ頭)  →大さん橋WEBカメラ

[オフィス]
231-0023 横浜市中区山下町1番地 シルクセンター内 Google map

[活動内容 ]
1 研究、資料調査、実地調査
2 原稿執筆
3 講義、講演
4 企画プロデュース、コンサルタント
5 資料(浮世絵・番付・古画・古写真)、及び画像データやフィルムの貸し出し

専門とする分野は、日本文化、文化史、文化資源学・観光資源学です。
よりくわしくは、上に記しているさまざまな情報も参照してください。
五百年にわたる内外の歴史を視野に入れながら、都市における文化資源
や観光資源の活用・見直し、都市空間の創造・再創造を考えています。

[付帯活動]
全国通訳案内士・英語(1977.01.29通訳案内業免許〜 、2019.03.11新登録証更新〜 / 名義: 古谷祐司。観光庁・神奈川県知事)
古物営業(1999.09.08許可証〜 、2020.03.25改正法施行に対応〜 / 屋号: 見世物文化研究所。神奈川県公安委員会)
甲種防火管理者・防災管理者(2021.04.23修了証〜/ 名義: 古谷祐司。横浜市消防長)